初めてのレンタル事務所

オフィス

賃貸物件と一緒なのか

みなさんは賃貸物件を借りたことはございますか。大体の方が一人暮らしや結婚などにマイホームを購入するまでの間に賃貸物件を借りたりしたことがあると思います。では居住用の賃貸物件とオフィス用の賃貸事務所を借りるうえで注意する点やこれだけは確認しておきたいことはなんでしょうか。ここでは大阪で賃貸事務所を利用する場合を考えてお話ししたいと思います。大阪といえばみなさんもご存知の通り東京に次ぐ大都市として知られています。ですからオフィスがたくさんあるので自社ビルを持っている会社もあれば東京に本社を置き、大阪で賃貸事務所を借りて支社を増やしている会社もたくさんあります。居住用の賃貸物件を借りる際には周辺環境や家賃、セキュリティ面で物件を選ぶ人も多いと思います。では賃貸事務所はどうでしょうか。もちろん周辺環境は大切な要素の1つになります。業種にもよるとは思いますが、駅が近かったり交通機関が多く利用できる場所に事務所を置く方が便利なのは明らかです。ただ明確にオフィスとして借りる場合に必要なのはOAフロアであるかどうかです。電源プラグやブレーカーも確認すべきことの1つと言えますが、パソコンを多く使う業種の場合はコンセントの配線を床下に収納できるオフィスの方が床が配線まみれにならなくて済みます。またコピー機やその他、専用機器を多く使う業種の場合は対応できる電源プラグがあるかも重要な確認ポイントです。また、大阪府の中でも大阪市内に事務所をおくのか大阪市外で事務所をおくのかによって、ゴミの出し方が違ったり自治区によって町会費が発生したり場所によってさまざまなルールがあることを念頭においておく方がいいでしょう。