長期契約が可能

女性

安定収入の確保

不動産賃貸契約に際して個人が賃借する場合には一般的に保証人を求めたり、保証会社の保証を実行することになりますが、個人情報の信頼性確保は難しい面を持っています。しかしながら賃貸法人契約を締結する場合には当該法人の信用力が担保となりますので、個人のケースよりも公開情報を把握しやすくなり、安心した契約することができます。賃貸法人契約では賃借人を変更する場合でも契約名義を変更する必要がありませんので、長期契約が可能となり、賃貸事業としても安定的な収益を獲得することが可能です。賃貸法人契約でも賃借人が個人のケースでは賃貸に関わる様々なトラブルが発生することが想定されますので、賃貸法人契約締結時に契約窓口を明確にする必要があります。賃貸法人契約で注意すべき事項としては契約名義人を誰にするかということが重要な要素となります。法人の場合には個人と異なり、契約名義人が人事異動で交代するケースが発生しますので、その都度変更契約をする必要が生じます。しかしながら企業経営情報は比較的簡単に取得することは可能ですが、人事情報についてはフォローしにくい情報となっておりますので、契約変更が後手に回るケースが散見されています。賃貸法人契約締結時には定期的に契約内容にかかわる情報交換を契約窓口と取り交わすことを明確にしておくことで避けることが可能となります。最近は福利厚生面を重視する企業が増大しており、賃貸法人契約が増加傾向を示しています。